福岡の家の外壁塗装をするの巻

福岡の外壁塗装の業者さんは良かった

外壁塗装の施工の流れ

外壁塗装をするとなると、まずは依頼先を決めます。

依頼先を決めたら問い合わせをし、現地調査をしてもらいます。

外壁塗装を行っている業者さんの中には見積もりまでは無料の会社も多いので、何パターンかの見積もりを出してもらってからどのプランにするかしっかり選んで決めましょう。

プランが決定したら、ついに着工です。

では、家の外壁が生まれ変わるまでの工程を見てみましょう。

まず、こうした業者さんは着工する前に近隣のお宅に伺い、挨拶をしてくれます。

騒音や埃など、細心の注意を払って行ったとしても何かしら気になる方はいらっしゃいますので、こうしてしっかりと挨拶をしてくれると気持ちよく受け入れられますね。

続いて足場作りをします。

ご近所に汚れが飛散しないため、また塗装しない場所の汚れを防止するために養生という作業をします。

シートなどでカバーがかけられているようなお宅をみたことはありませんか?

あれが養生です。

このように、外壁に触る前から準備することはたくさんあります。

ここから、外壁のリニューアルが始まるのです。

業者さんが作業する環境が整ったら、いよいよ作業開始です。

しかしまだ塗装には入りません。

外壁塗装においてもっとも重要なのは、下地処理なのです。

まずは高圧洗浄をして施工部分の汚れをしっかり落とします。

汚れやカビが残った上からどんなに塗装で綺麗にしたとしてもすぐに剥がれ落ちてしまうからです。

また、旧塗膜も同時に洗い流します。

旧塗膜の上から新しく塗装しても、結局は旧塗膜が剥がれるときにすべて剥がれてしまうので、すべて綺麗に洗い流してまっさらな状態にしておく必要があるのです。

続いてひび割れなど傷んだ箇所を修繕します。

こうした作業を丁寧に行うことで、耐久性にすぐれた外壁塗装を行うことができるのです。

この処理を終えるとようやく塗装作業に入ります。

塗装は3回塗りが一般的ですが、建物や塗料によってこの回数は変わってきます。

多くは下塗りの段階で次の塗料との密着性を高め、最後に上塗りをすることで美しく仕上げます。

こうした全ての処理を丁寧に行うことによって外壁塗装を長持ちさせることができるのです。

職人の技術ですね。

Comments are closed.