福岡の家の外壁塗装をするの巻

福岡の外壁塗装の業者さんは良かった

外壁塗装をし直す必要性

外壁塗装をし直すという考えに至るにはやはり家を建ててから何年も経ち、外壁部分や屋根に傷みが生じているのが目で見て判断できたり、汚れが目立つようになって綺麗に直したいと思ったりすることが一番の要因でしょう。

築年数が経っていればそれだけ汚れていきますから、見た目を綺麗にするだけでかなりイメージも変わります。

しかし、外壁塗装をし直すことの必要性は実はそれだけではありません。

最も重要な部分は見た目を綺麗にすることよりも、傷んだ部分を修繕して耐久性を取り戻すことにあるのです。

家を建ててから長い時間が経てばそれだけ雨風にさらされることになります。

水に弱い材質の外壁の場合は特に、防水性のある塗料を使って塗装し直すことが必要です。

使用した塗料にもよりますが、多くの外壁塗装の寿命は5~6年程度で低下してしまいます。

ですから長い間放っておかず、外壁から家が傷んでしまう前に塗装し直して耐久性を保つことが、長くその家に住むためには重要だということです。

外壁塗装は外壁に汚れが目立ってくる、ひび割れが生じているなど、目に見える状態の変化が起こる前に行ったほうが確実に良いと言えます。

それは外壁の塗装が劣化したり、ひび割れてしまうとそこから雨水が入り込んでしまうからです。

こうした隙間から入り込んだ雨水はそのまま放っておくと下地に使われている柱が腐ってしまい、建物自体の強度ががくっと落ちてしまいます。

また、こうした湿気のある材木はシロアリが住むのに持ってこいですので、気がついたら柱がすかすかになっていて外壁の工事だけでは済まなくなってしまうことにもなりかねません。

その家に長く住みたい、大切にしたいという気持ちがあるのでしたら、ぜひ日頃からそうした点に気を配り、数年に一度は点検をしてもらうと良いでしょう。

また、最近はデザインを凝った外壁のお宅も増えてきています。

こうした外壁の質感を残したまま塗装しなおすにはクリア塗装をしなければなりませんが、クリア塗装をするためにはある程度もとの外壁も綺麗であることが条件となっています。

ですから、そういったお宅は10年以内には外壁塗装し直すことをお勧めします。

Comments are closed.